• お名月様
    昨晩は、十五夜中秋の名月と言われ何故かコノ満月に五穀豊穣を感謝する日だったような?うちに帰ると既に、準備完了で裏山のススキと小さな花が咲く萩が日が落ち晩酌が始まるとりんごも梨は市内にある果樹の産地米崎町産団子は、ヤマザキパンブドウもサツマイモも自家製ナイアガラ今日はナイアガラの収穫だ!... 続きを読む
  • 舟っこ流し
    台風10号に振り回されたお盆今日は「送り盆」あの世へご先祖様ご一行様がお立ちの日であります。世間で行う、灯篭流しと同じ意味合いでは?と思っていますがワシのところでは「舟っこ流し」灯篭を流すのではなく「舟」船体材質は「稲藁」例年1把の藁でしたが今年は2把で大型船建造ッスこの藁の舟に線香やろうそく供物を載せ海に流します。流した画像を撮ろうとしたら「即沈没」御先祖様ご一行様、次は「秋のお彼岸」に逢いましょ... 続きを読む
  • 明日14日は、お墓参り今日は、御先祖様ご一行が「あの世」から子孫が居る現世に帰ってくる日である。あの世から子孫の居る自宅?に帰るには「迎え火」が必要なんだそうな稲藁とラッチョクと言われるものをウチの入り口で燃やす先祖様ご一行は、この煙が焚かれるのをみんなで待っているのだそうな玄関縁側の窓を全開にし、それを燃やしながら世帯主のワシがサァサァみなさんいらっしゃいと発し招き入れるのである。ニャンが座り煙の... 続きを読む
  • 彼岸参り
    曇空の春彼岸かァちゃんとお寺の墓地へ「供物(食べ物)はあげても直ぐ下げてください、カラスがいたずらをします」それは、都会のお墓の話でありましてココはド田舎ですから全然OK ひとどおり、花をあげ線香ロウソクつけたらお供えものを、お墓で食べます。ウチのお墓は高い所にありまして眺めが良い所。遠足気分と言ったところでしょうか御先祖様を背にし食べたり次は「盆」に来るからとウチに帰りお昼は「ぼたもち」自家製で... 続きを読む
  • みなさま、今年もどうぞ宜しくお願いします。で、地元の神社へ参拝黒崎神社(元徳2年1330年)神宮皇后を祀る町の村社の本宮(承安2年1172年)往時、この沖を通る舟は必ず帆を下げ大漁祈願、海上安全を、祈願したらしい地元の漁師のココロの拠り所でございます行った時間が9時ですが2019年1月1日のお日様遠くには、300km先にある宮城県牡鹿半島の先にある「金華山」もうっすらと見えます。次は市内でも古い「竹駒神社」ココは、倉稲魂大... 続きを読む

プロフィール

半漁人

Author:半漁人
     海も山も花も芋ハイも好き

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ランキング

月別アーカイブ